NMAX125 ブレキーパッド交換 覚書

0

    JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

     

    5月最後の土曜日、リアパッドの交換へ行ってきました。
    タイヤ交換した「KTCモーターサイクルズ」さんでお世話になました。

    しかし、店舗までの夕刻の国道2号線は渋滞で疲れました(笑)

    到着後、手際よく交換完了!
    交換時のODOは、「29,340km」位?(チェック忘れてました…)

     

    取り外したパッド…


    すでに、ベースプレートにまで傷が!!!状態でした…
    ごめんなさいブレーキディスクさん… キラキラです。

     

    今回は、純正パーツではなく、Vesrah 「VD‒JLパット(マルチユース)」です。
    「GRADE2 VD‒JL series」
    ワンランク上の制動力と耐久性
        雨天時でも性能が落ちない全天候型
        高いコントロール性
        高温域での高い制動力
        ステンレスローター専用
        ローターダメージが少ない
        じわっと止まる制動力(レバーを握っただけ止まる)

     

    ベスラのブレーキパッドはZZRでも使ってましたので安心です。

    「最初は、リアブレーキ効かんから気付けや」と言われお店を後に

    帰路は、渋滞もなくスイスイ気持ちよく帰り着きましたよ!


    NMAX リアタイア交換

    0

      JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

       

      リアタイヤ パンク修理後も結局抜けてしまう為、泣く泣くタイヤ交換です。

       

      写真は以前に撮影していたもので、ピンボケですが赤い〇印がパンク修理箇所

       

      足回りの洗車をして、KTCのステッカ―貼って(ずいぶん前から貰ってたんですが)

       

      タイヤ交換でいつもお世話になる垂水のKTCモーターサイクルズ

      在庫確認を電話でお願いをしていたので早速作業開始

      が…

      ブレーキキャリパーを外して おちゃん「あー!」

       

      リアのブレーキパッドがほぼ0!(笑) 写真上部のパッドは無いな…

      やっぱり!!
      最近、ブレーキをかけると異音があったのでちょっと気になっていたのです。

      残念ながら店舗にNMAX用の在庫が無く、注文しておきました。
      ブレーキパッドのお話は後日!

       

      で…
      マフラー、サスのボルト、スイングアームを外して
      リアのアクスルナットを外して
      さあ、タイヤを外そうとしてら

      サスが邪魔して外れない
      「前どうやって外した?」と聞かれて「すぐ外れたよね」
      でも、今回サスを交換しているのでサブタンクが邪魔をしてタイヤが手前に出せない!

      結局、両方のサスボルトを外して

       


      簡易?のパイプ製吊り上げ装置でリアを持ち上げての大掛かりな脱着作業となってしまいました!

      ご面倒をお掛けすることに…

       


       

      もしかしたら、リアフェンダーが無かったらサスの有効可動域が広がって外れるのかな?
      ですが、下の凸部にサブタンクが掛かるようなのでフェンダーレスにしてもこれは残るから?

      外れない??
      検証してみないと確かなことは言えません。

       

      交換のタイヤは、前回と同じ「MICHELN CITY GRIP」(R:130/70-13)
      「29,200km」(前回交換から4,840km)での早期交換となってしまいました!

      ブレーキ交換までは、乗らないようにしておきます。GSの出番!

       

      折角垂水まで来たので、ちょっと「三井アウトレットパークマリンピア神戸」に寄ってみました。

      新型コロナウィルスによる非常事態宣言解除されてお客さんも来ていました。

      なんか、とても久しぶりのショッピングモールでした。

       


      NMAX125 パンクその後

      0

        JUGEMテーマ:気になること

         

        1ヶ月前にリアタイヤのサイドウォール近くにネジ釘が刺さってパンク修理しました。
        1週間後の空気圧チェックでは問題なく安心していましが


        先週、よく走る道路の緩やかな下りカーブで、リアタイヤに違和感が!?
        なんとなく横滑りをしたような…? ん?

         

        そのまま特に問題なく走行出来ていましたが、気になったので
        本日ガソリン給油ついでに空気圧チェック!!

        リアを計測
        『1kgf/cm2無い…0.8kgf/cm2』… (;゚Д゚)
        規定値は、「2.25kgf/cm2」なんですが… たっぷり入れておきました。

        フロントを計測
        『2.5kgf/cm2』… (;゚Д゚)
        規定値は、「1.8kgf/cm2」なんですが… 少し抜いておきました。

         

        いやぁ〜 フロントは気温とともに空気圧が高くなったのかなと(もともと高く入れてくれていたのだと思いますが+α)

        リアがこれだけ抜けているとは感じ取ることができませんでした…
        個人的には、交換したリアショックが柔らかくなってきたと思っていましたが
        どうやら、空気が抜けてそう感じた?
        危ないなぁ

         

        ということで、急に抜けることはありませんが時間の経過と共に抜けているようで
        頻繁なエアチェックをすれば問題ないというわけにもいかないので
        タイヤ交換が必要です!(予定外の出費)

        去年の1月に「MICHELIN CITY GRIP」を前後交換してまだ、1年4か月です。走行距離も約5千キロしか走行していませんが仕方ありません。
        幸い、いつも大変お世話になっている「KTCモーターサイクルズ」に問い合わせたところ在庫がありましたので
        交換へ行く予定です。


        なんだか、シティグリップ2が新発売されているようですね。

        つぶつぶが見えますね!コロナの影響もあってまだ流通はしてないのかな?

         


        NMAX125 リフレッシュ計画 第2弾 タンデム仕様

        0

          JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

           

          GWも終わってしまいました…

           

          個人的には、NMAXは現在のスタンダードスタイル(ロングスクリーン付き)が好きでしたが
          二人乗りがより安全で便利に使えるようにするため、トップケースの取付けをしました。

           

          今回選んだのは、デザイン的に美しく取り付く純正リアキャリア(GPD125)
          YAMAHA Europe トップケース 30Lを取り付けることにしました。

           

          取付けるには、現行のグラブバーを取り外し、交換することになります。


          4本のビスで固定(赤色〇印部)されているだけですが、付属の説明書で初めてテールライトカバーの2か所に
          切り込み加工
          をしてください(黄色〇印部)とあった事に驚きました!

           

          (写真はリアキャリアの裏側)


          面倒だなぁ〜と思いつつ、Webで検索したところそのまま取り付けたというブログを発見
          兎に角一度試してみようと、ビス4本(M12)を取り外し交換作業へ

          仮止めしたところ、なんとかなりそうです(笑)


          もうそのまま、取り付けてしまいました!

          ブログでも記していたように若干のテールランプとカバーの間に隙間ができます。

          許容範囲でした。

           

          (交換前のテールライトカバーのサイド取り合い)

           

          (交換後のテールライトカバーの隙間の現状(黄色〇印部)両サイドとも同じ状態です)

           

          リアキャリアの取付はこれでOK、締め付けトルク(17Nm)も記してありますが、トルクレンチがないので
          これぐらいかなトルクです。

           

          YAMAHA Europe トップケース30Lは、『SHAD』ブランドでした!
          勝手に、『GIVI』と思ってましたから…今まではGIVIorCOOCASEでした。

          しかも、専用アタッチメントはどこにどう付くのかと思っていたら


          ケースの裏側にキャリアを挟み込むように固定する金具(黄色〇印部)で、

           

          ケース内側から、ノブ付きボルトで固定します。回り止めがついているのでしっかりと固定できます。

          この時点で…

          トップケースは完全固定タイプでした。知らんかった…

           

          セットしてから気になったのが、これネオテック入るのか??


          確認したところ、ギリギリ入りました。(閉まります)

          と、色々とリサ―チ不足が露呈する結果となりましたが、大きな問題ではなかったかな(笑)

           

          いわゆる『通勤快速』に仕上がりました。

           

          (YSSサブタンク付きとリアキャリア&ボックス)

           


          個人的には『タンデム仕様』の完成です。

           

          おまけ
          ステッカーチューン?


          右側のヤマハ音叉エンブレムが無かったので、ヤマハベアステッカー(反射材)を貼ってみました。

           


          ​​NMAX リフレッシュ計画 第1弾 足回り

          0

            JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

             

            ドッグ入りしていたNMAX125
            走行距離は[28,580km]

            土曜日、新型コロナウィルス緊急事態宣言により不要不急な外出は控えなければならない時なのですが
            電車通勤を控え、NMAXを通勤に使っている私としては、フロントブレーキが危険な状態だったため
            必要な外出ということで、軽く水洗いしてからRSモーターハウスオカモトへ
            店舗では、事前にラインにてお願いをし、最低限の時間で退散です!
            今回の代車は、 HONDA TODAY 坂道30km精一杯(笑)原付は怖い!

            そして、このタイミングで作業依頼をしたのが

             

            1.リアサス交換

            前から気になっていてNetShopのセールで購入していたYSSリアサスに交換
            「YSS G-Plus」


            : A High efficiency gas shock absorber that can adjust preload and length according to the user. Length: 335 mm.
            当初は、もう少しお手頃価格なサスを入れようかと考えていたのですが、ヘルメット購入時のポイントが貯まっていたのでサブタンク付きのサスとなりました。

            ノーマルと同じ長さのサスです。色はスプリングが黒で、アクセントが赤色。
            プリロード調整・10mmの長さ調整機能付き

            純正サス

             

            交換後

             

            純正サス

             

            交換後

            純正と同じ黒スプリングに、外装のからーとマッチしたサブタンクのシルバー
            そして、アクセントの赤。バッチリマッチングして気が付く人は気が付く渋めのカスタム。

            まだ、取り付けたばかりなので固めです。FORZA-HONDAのサスを交換した時のような劇的な変化はみれませんが
            ただ、お尻(車高)は新車の時のように上がった気がします(笑)

            今までより道路の凸凹が分かりやすくなった気がします。滑らかに反応(追随)し伝わる感覚があります。


            2.フロントフォークオイル交換
            2.5万キロオーバーしていますし、リアを交換するので、フロントフォークのオイル交換もお願いしました。
            通常のバイクでは、交換時期は10,000kmと言われ、スクーターは、フォークオイルが漏れたら等とWeb上では見ますが
            今までの経験では、20,000kmかなと考えていましたが、NMAXは過ぎてました…


            抜いたオイルを見てみると真っ黒け!でありました。やはり、よく稼働する部分のオイルなので気を掛けないといけません。

             

            インナーチューブにも若干の錆が…

            綺麗にしてもらいました。

             

            ヤマハの純正「G-10」(粘度33.2)フォークオイルを投入!
            店長曰く、新品のリアサスが硬いので、フロントも硬めの「G-15」(粘度47.3)でもよさそうだけど、リアが馴染んできたら逆にバランス悪くなりそうとのことで標準の「G-10」おちつきました。
            今後、走ってみて様子見ながら必要ならリアサスで調整です。


            3.フロントブレーキパッド&フルード液交換
            フロントブレーキパッドが交換時期を過ぎていましたので交換しました。

             

             

            ブレーキキャリパーの汚れが酷く、ピストンの出が悪かったので清掃。


            タッチは良く、異音もなくなりました。


            と以上足回りのリフレッシュ作業でした。
            私はショップにお任せでしたが、これらを自分で作業する人は凄いですね。
            時間と工具&知識が必要だ

            GWおうちで過ごそう企画?
            NMAXリフレッシュ計画
            第2弾は、ステッカーチューン?
            第3弾は、タンデム仕様に?



            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            カウンター

            ブログパーツUL5

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • BMW G310GS ドッグ入り状況
              森谷
            • BMW G310GS 突然の電源不足!
              van10
            • BMW G310GS 突然の電源不足!
              通りすがり
            • NMAX125 エンスト2回目
              PE24
            • NMAXシート下収納コメントの訂正
              アスカ

            recommend

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:251 最後に更新した日:2020/08/10

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM