初代PCXとNMAX比較(今頃)

0

    JUGEMテーマ:気になること

    先日、代車で乗ったのが初代PCX


    PCXにゆっくり乗ったのは初めてです。

     

    初代PCXとNMAXの違いは、

    まず感じたのが、ポジション

    足の置場!
    前方向にNMAXよりゆとりが無く窮屈です。

    シートが滑る(現行モデルは改善済み?)
    シート位置が少し高いかも?

    見た目では、
    ドライブポジションで、メータ廻りなど、ボリューム感が有る。き豪華に見える(さすがHONDA)

    走行性能では、
    坂道は、NMAXの方が力強く早い 手

    市街地走行でのスタート、ブレーキング共にNMAXの勝利。
    しかし
    大きなコーナーは非常に走り易く、道路の凹凸も感じないのは14インチホイールの長所です。
    ポジションは少々窮屈(180cmには)ですが、乗り心地はいいです。長距離でも疲れないでしょう。

    操作面では、

    ウィンカースイッチの位置が、NMAXより低い位置にあり誤ってホーンを押すことがしばしば…

    シートオープナーなどはPCXが別ボタンで豪華!(現行車はもっと豪華装備)


    代車は、スクリーンが無かったので寒くてあまり乗れませんでした。(ここ数日気温最低!)

    そんなPCXも新型が出ます。ハイブリットも、そしていよいよEVも…エクステンション

     

    メガホン バイク大国の台湾では、2035年にはバイクでのガソリン車販売を禁止すると!
    すでにヨーロッパ各国で同様の施策が決定しており、バイクの全面EV化も時間の問題だそうで…

    今後、バイク業界はどうなっていくのでしょうか?
    既にキャブは無くなり、次は、プラグやピストンが無くなり、オイルも必要なし

     


    NMAX テールランプ切れ

    0

      JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

      3連休明け夜道の山幹を走行中、後ろから追い上げてくるヘッドライト ひらめき
      信号で停止すると、横に並び運転手のおっちゃんが
      「テールランプ切れてるで!めっちゃ危ないわ!」と注意してくれました。
      私、
      「すみません!ありがとうございます。」
      その後は、走行車線をゆっくりとご帰還。

       

      メガホン NMAXのテールランプ(ポジションランプ)は10Wウエッジ球ですが、


      この1つでテールとナンバープレートの両方を照らしていますので、切れてしまうと
      後ろから見ると、真っ暗 どくろ

      危ないなぁ…小さな赤い反射板だけです。

       

      原因は球切れでした。
      走行距離:約17,600kmでOUT!

      この時、ヒューズかも?と外してチェックしようとしたところ


      寒さで、指先がかじかんでいたこともあり抜いた途端にシートヒンジの隙間へ
      スッポ!と入ってしまい…Docomo_kao20
      注意 気をつけましょう! 予備のヒューズを取り付け

       

      結局、RSモーターハウスオカモト持ち込み
      スペアキーも無くなっていたので注文
      ランプは、LEDへ交換しました。


      NMAX 燃費状況

      0

        JUGEMテーマ:気になること

        NMAX
        やはり、去年同様

        12月に入って寒くなった途端に燃費ダウン

         

        43.0〜45.0km/L だった燃費が
        39.0〜41.0km/L に!

         

        風が強くなったのも影響はあると考えますが
        Vベルトも減ってきて少なからず影響あるかも!

         

        今日は、足元からカラカラカラと金属音が!?すぐ消えましたが
        Wローラー減ってきたのか!

         


        NMAX オイル交換 5回目の記録

        0

          JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

           

          今回交換は、約3,800kmでエンジンオイルを交換
          いつものように、RS MOTORHOUSE OKAMOTOさんにオイルの在庫を確認して交換へ
          走行距離:16,2859km( 前回走行より3,836km)
           

          今回も真っ黒

          「NUTEC(ニューテック)」のNC-50(10W-50)とNC-51(0W-30)の二種を
          NMAX用の10W-40に合うよう社長ブレンドでちゃっちゃと投入
           

          ガソリン満タンで行っていたので、

          寒くなってのエンジンストール対策としての
          フューエルシステムクリーンナップ&パワーアップ燃料添加剤も
          サービス注入してもらいました!

          この交換ペースで行くと次回は、Vベルト交換時期と重なりますね。
           

          空気圧も
          F:2.1 R2.20 に注入!


          NMAX125 覚書

          0

            JUGEMテーマ:気になること

            走行距離15000kmを超えた頃から

            なんとなく、発進や加速が遅くなった気がします。
            燃費も落ちてきた(気温低下?)

            これは!

            Vベルトの交換次期が迫っているということでしょうか?

            Atlantic125は、メンテナンスノートでは12,000km毎の交換。
            車重もあり、馬力もあったので
            指示通り1.0万キロで交換していました。最後の方は1.2〜1.4万キロ(笑)

            フォルツァでは、そろそろやばいかな…というときに走行中に切れました!(汗)

             

            NMAX125 YAMAHAの交換目安は20,000kmみたいですね。
            交換次期になれば、メーターのインジゲーターがお知らせしてくれるそうです。
            幅を検知しているのか? 距離なのか? わかりませんが

            お知らせを待つか
            ちょっと早めの18,000km辺りに交換するか、悩ましいところです。

            NMAXの車体は軽いので負担も少なくなっていそうですが、
            ストップアンドゴーが多く坂道走行があるのが、心配の種ですね。



            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>

            カウンター

            ブログパーツUL5

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • NMAX125 エンスト2回目
              PE24
            • NMAXシート下収納コメントの訂正
              アスカ

            recommend

            recommend

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:129 最後に更新した日:2018/10/11

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM