G310GS 給油ランプの点灯が早い

0

    JUGEMテーマ:気になること

     

    前回は早めに給油したので今回初めて給油ランプが点灯!
    ガソリンメーターでは残り2メモリの表示です。

    この多機能メーターには、【RANGE】を選択すると
    ガソリン残量であと何キロ走れるかという距離表示が選択できます。

    給油ランプ点灯時点で【RANGE】表示は『98km』だったかな?
    とにかく、早い警告だなぁと感じました。

    海外は給油所が遠いからかな?(最近日本も遠くなってきましたが…)

    とりあえず、この残量走行距離がどれぐらい正確なものか走り続け
    残り12kmの走行可能で給油。(その時のメーター写真)

     

     

    ハイオク9.87L入りました。(タンク容量11.0L(内リザーブ1.0L)

    結果、12km以上はまだ走れますが、

     

    ほぼ正確な参考数値として安心して利用できると思いました。

     

    前回給油からの走行距離読みで、「28.5km/l」市街地走行が多かったので
    納得の燃費ではないでしょうか?
    もちろん、それぞれの走り方で燃費は変わります。

     


    3.30の写真。たまたまキリのいい「9800km」3/9の納車から500km。


    G310シリーズ

    バイク仲間の一部から「偽物BMW」と言われるのですが…なぜでしょうね?
    ちゃんと、BMWが開発・設計しているのにですよ!
    確かに、エンジン、排気量、駆動方式、フレーム、サスも
    BMWの伝統を打ち破ったFシリーズ系列が一番近いです!

    しかもインドのTVSモーターカンパニーで生産ですけど…なにか?

    「新しいBMWなんですから」

    水平対向2気筒(ボクサーエンジン)じゃないとBMWじゃないという人もいましたが…

     

    BMWブランドで決めたわけではなく、デザインで決めたからね。
    トップケースは微妙なんだな(便利だけど)

    しかし、道で会った息子の友達(社会人)からは、「カッコいいですね!」と車から声かけてくれて
    素直にうれしいね!

     


    G310GS ちょっとカスタム

    0

      JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

       

      少し遅い報告ですが、雨降るSUNDAYに310GSのスクリーン交換

      注文した「MRA Adventure Tourer スクリーン」です。

      純正は4本の六角穴付きボルトを5mmの六角レンチで外します。

      良く見ると純正スクリーンの先端に小さくBMWのロゴが入ってました!

      左:純正と右:MRA こう見るとずいぶん大きく見えますが

       

      正面から見て左下のボルト穴周りに接着のあとか??

      外しても違和感がありません。ちょっと剥げてる感が
      気にせず…

       

      新しいスクリーンは、脚(スペーサー)を4本付けることになっています。

      添付の説明書で絵と写真でしかわかなかったのですが

      ワッシャーは、先にスクリーン外側に取り付けました。合ってるのか?

      たぶん、同じ! ワッシャーとスペーサーの間にスクリーンが入ります。

      たぶん、長いのが上、短いのが下、ネジの長さも微妙に違うので合わせます。
      小さなゴムリングが付いていたのですが、

      たぶん、全てを取り付けた先端にはめ込んで
      取付中にスペーサーが落ちないようにするもんだろうと、勝手な解釈でこの位置に

      全ての作業が「たぶん、たぶん大丈夫。スクリーンだし」
      取り付けた六角ボルトの穴は4mmだったかな?穴径が違うと不便です。
      さすが純正ボルトはしっかりものでした。

       

      取付終了

      少し長くなったスクリーン、流石にラインもとてもマッチしています。

       

      早速、先日走行した高速道路へ…

      までの一般道路でも、変わったのか?

      結果、純正より速度10kmUP楽になります(笑)

      とりあえず、良しとしましょう。


      初乗り高速 でスクリーン検討

      0

        JUGEMテーマ:気になること

        とにかく風、風がぁ直撃

        さすがZZRは高速走行はよくできていました。比べたらあかん

         

        80−90kmでゆったり車の後ろを付いて走るのがベスト、100kmは「一生懸命走ってるよ感」満載です。
        これ以上出したら私が風に負けるでしょう。

        自然のスピード抑制機能が付いた安全なバイクです。

        革ジャン着たらもう少し出せるかも(笑)

        最高速は143km/hを記録と公表されれいますが、たぶん私が凧のごとく飛んできます。

         

        見通しは良いです。シートは柔らかいです。
        サスも柔らかく気持ちよく沈み込みます。

        渋滞は足つき性が悪いのでちょっと面倒です。

         

        もう少し我慢しようと思っていたのに、やっぱりスクリーンの検討です。
        Webで調べてましみました。

         

        素材も強くてZTecknikのスクリーン最大の物は防風効果抜群でしょうが、高いです!
        スペインのプーチスクリーンはよさげなんですが
        やはり、ZZRでも使用していたドイツのMRAヴァリオスクリーンと行きたかったのですが
        在庫が待ち3か月とか…もう夏を迎えてしまします。


        と、悩んだのに、他のスクリーンと比較しても一番低いMRAのツアラースクリーンを選択しました。

         

        なぜ、OEM(純正)スクリーンはショートなのか?
        考察1.デザイン的にG310Rのイメージを継承した?
        考察2.ダート走行転倒時のダメージを少なくする?
        さて真相は?


        Hello baby ! G

        0

          JUGEMテーマ:バイク・ツーリング日記

          機種変更

          「ドイツ車かぶれ」みたいになってしまった!

          今回、ZZR1200(2003年)から乗り換えたのは、BMW G310GS(2017年)です。

          4輪 V W の最小モデル
          2輪 BMW の最小モデル

          どちらも本国生産ではありません。しかも最小セカンドカー的車種です(笑)

           

          しかし、どちらも1から企画されて
          フレームやエンジンを作りあげているという点では
          これまでにないコンセプトで作り上げた独創的な最新モデルなのであります!!!

          バイクを乗り換えるのであれば、250CCのスズキ V-ストロームが第1候補でした。
          ZZRに乗る前は、V-ストロームを探していたのですが、
          その当時、ほぼ存在を知られず市場もほとんど出回ってなかったです。
          なので、この「V-ストローム250」の車検要らず、車体も大きく、ガソリン容量も多く、デザインも丸目で好き!

          を候補に検討していたのですが…

          なのに、なぜ?

           

          BMWに以前からあこがれはありました。K1300Sとか乗りたいなぁとは思ってましたが
          でかい、高い、部品も高いと私とは無縁の世界…だったのですが

           

          ZZRのオイルやタイヤ交換で一時お世話になっていたショップのブログに
          出ていた中古車が「BMW G310GS」2017年式 走行9200km
          「カッコイイやん」見た目、デザイン大事です(笑)

          BMW 公式WEBサイトより

           

          ノーマークのバイクでしたが、Webサイトで調べると
          313ccというこの排気量、アジア市場と欧州の免許制度を意識したチョイスのようです。
          インド生産でコストダウン!たぶん修理部品もそんなには高くないはず。
          若い人へのBMW入門バイクというところみたいですね。
          OPのトップケースやリムステッカーなどが付いてました。

           

          日本では、車検が必要の排気量になってしまいますが、
          しっかりとした定期点検は必要ですし、250よりはパワーが大きいので
          高速道路の走行などでアドバンテージがありそうです。

          しかも、なにげにETC2.0が標準装備、スマホやナビと連動できるわけですが
          私は、連動しない気がします。車でさえただのETCなのに…

          ネットの書き込みなどでは、どちらも低速域でコメント多数(笑)
          賛否分かれるようで
          どうやら小排気量のドイツ車風味のようです。

           

          納車時、一連のバイクの説明を受けその後
          アドベンチャーバイクの高いシートに初めて跨りました。
          ぶっつけ本番でドキドキでしたが、とにかく軽い! 車重もクラッチもハンドリングも
          そして、見晴らしも良いです。

          4気筒に比べてしまうと、乾いた単気筒音はちょっと寂しい。

           

          友人のCRF250ラリーと乗り比べてみましたが、全然違いました。
          CRFは、やはりモトクロス色が強く、
          ロードからの乗り換えはG360GSの方が違和感なく乗れると思います。

           

          このバイクのスクリーンはなぜこんなにショートなんでしょうか?
          年寄りには厳しい風当たり
          できるだけ早い段階で、純正ショートからツーリングスクリーンへ変更したいです。



          calendar

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << December 2019 >>

          カウンター

          ブログパーツUL5

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • NMAX125 エンスト2回目
            PE24
          • NMAXシート下収納コメントの訂正
            アスカ

          recommend

          recommend

          links

          profile

          書いた記事数:189 最後に更新した日:2019/11/26

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM